漢方内科

『漢方 保険診療』漢方薬は保険適応です。

  • 日本東洋医学会 指導医、専門医

IMG_0391

「なぜ外科医が、漢方を?」

  芝大門いまづクリニックでは、ひとりの医師が、「内科、消化器内科、外科、肛門外科、放射線科、漢方腫瘍内科、漢方内科、漢方産婦人科、栄養指導、在宅医療」をおこなっています。なかには、そんなにたくさんの専門分野について本当にできるの?と思われる方もお見えだと思います。

 1997年から慶應義塾大学病院 漢方クリニックで共同研究員として漢方医学を学び始めました。外科認定医だったわたしにとって、漢方医学は無限に広がる世界でした。それまで外科学で学んだ知識と経験以外に必要な医学的知識が多岐にわたっていました。

 外科的治療(手術)、薬物療法(化学療法)、放射線治療といった「がん三大治療法」では治すことができない患者さん達をどうにか治したい!という気持ちからはじめた東洋医学でしたが、がん治療に関する知識と経験だけでは、漢方医学を習得することは困難でした。

 そこで、人のからだを外から診る(外科学)のではなく、内から診る(内科)ことをはじめました。これがわたしの「漢方内科」です。

 内科といえば、循環器、呼吸器、消化器、脳神経、内分泌など領域別の診療科になります。「漢方内科」では、領域別ではなく、人のからだを外から診てもわからない病気すべてを対象とします。 ですから、循環器、呼吸器、消化器、脳神経、内分泌など領域別の診療科ばかりでなく、さまざまな病気も対象になります。

例えば、

  • 視力障害、聴力障害、嗅覚障害、味覚障害などの眼科、耳鼻咽喉科で扱う病気
  • 頭痛、めまいなどの脳神経外科、神経内科、耳鼻咽喉科で扱う病気
  • 肩こり、関節痛などの整形外科で扱う病気
  • 胸痛、動悸などの循環器科、呼吸器内科で扱う病気
  • 胃もたれ、むかつき、逆流性食道炎、下痢、便秘などの消化器内科で扱う病気
  • 月経不順、月経痛、ホットフラッシュなどの婦人科で扱う病気
  • 夜間頻尿、膀胱炎などの泌尿器科で扱う病気
  • 皮膚の痒み、湿疹、ニキビなどの皮膚科で扱う病気

 これまで西洋医学では、診断できなかった、治らなかった、とお悩みの方は、ぜひ一度、ご相談ください。
 西洋医学で解決できないことでも、漢方医学では診断し治療することができる可能性があります。