「頭のてっぺんから足の先まで」を合い言葉に
心を込めた診療をさせていただきます。
(血液検査、胃カメラ、超音波検査、心電図、レントゲン検査、など行っております)

芝大門 いまづ クリニック について

東京都 港区で、「 芝大門 いまづ クリニック 」をはじめさせていただくことになりました。

この土地を愛し、この土地にビルを建て、この土地で医療をはじめさせていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。(2013年5月吉日)

105-0012 東京都港区芝大門一丁目1−14

電話番号 03-6432-4976 Fax 03-6432-4982

待ち時間を短縮し適切な医療を提供するために、予約制をとらせていただいております。

初診予約料 2,000円(税別)

再診予約料     300円(税別)

*以前、おかかりになったことがある方は、再診予約料となります。

 

内科外科肛門外科消化器内科放射線科がん漢方漢方内科漢方産婦人科

妊活セカンドオピニオン栄養相談冷え症(冷え性)減感作療法

日本外科学会 認定医、専門医

日本胸部外科 認定医

日本消化器病学会 専門医

日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医

日本東洋医学会 専門医、指導医

日本がん治療認定医機構 認定医、暫定教育医

日本医師会認定 産業医、健康スポーツ医

身体障害者福祉法指定医

(ぼうこう又は直腸機能障害、小腸機能障害)

診療時間

月・火・木・金・土午前 8:30 ~ 午後 2:00 患者さんの待ち時間を短縮し適切な医療を提供するために、予約制をとらせていただいております。
受付時間 午前8:30〜午後 1:30

休診日:水・日・祝 * 学会などで休診となる場合があります。

保険診療を行っておりますので、診察当日は保険証をご持参ください。

漢方の診療は、保険診療です。

漢方薬(煎じ薬、エキス剤など医療用医薬品)は、保険適応です。

「がん漢方」

日本人の2人に1人が、「がん」にかかる今、がん治療は北海道から沖縄まで、ガイドラインにそって行われています。外科治療として内視鏡治療、手術が行われ、薬物療法として様々な抗がん剤が使われ、放射線治療として外照射から重粒子線治療が行われています。「がんの三大治療法」である外科治療、薬物療法、放射線療法以外の治療を合わせて行うことを希望する場合、エビデンスにそった漢方薬や栄養療法を行うことが重要です。

当クリニックでは、日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医、日本東洋医学会指導医・専門医、日本静脈経腸栄養学会TNT研修会首都圏地区世話人・講師である医師が、「がん」の治療に合わせて漢方薬、栄養療法などを行います。


がんのセカンドオピニオン 」を行っております。

「病院での説明が、よくわからない」「主治医の治療方針が、理解できない」「西洋医学の治療法が、なくなってしまった」「漢方医学の治療を希望するが、どうしたら良いのか」「緩和ケアをすすめられたが、何か方法はないのか」「自費の薬を使っているが、高額で経済的負担も大きい」など、乳がん、膵臓がん、胃がん、大腸がん、前立腺がん、など様々な相談をうけたまわります。


妊 活 」 をされている方、保険診療で漢方薬を処方させていただきます。

産婦人科、不妊症・不妊治療クリニックにおかかりの方、薬局で自費診療の漢方薬を内服されている方、これから妊活を考えている方、など相談をうけたまわります。

男性の妊活を希望される方、ご夫婦で診療を希望される方、など相談をうけたまわります。

妊活」の診察は、保険診療です。漢方薬(煎じ薬、エキス剤など)は、保険適応ですので、高額な医療費は必要ありません。漢方薬(煎じ薬、エキス剤など)を自費でおかかりの方、当クリニックでは、漢方薬(煎じ薬、エキス剤など)は保険診療で処方いたしますので、自己負担額の薬代は、1割〜3割負担です。


「 冷え症 」 の相談をさせて頂いております。

手足の冷えやカラダの冷えにお悩みの方、一年を通して「冷え症(冷え性)」で困っている方、これまで医療機関で「冷え症(冷え性)」を相談したことがある方、など相談をうけたまわります。春は、1年の内で一番、朝夕の寒暖の差が大きい時期です。「冷え症(冷え性)」の方にとって、辛い時期になります。

平熱が低い、低体温、手足末端が冷える、お腹が冷える、などの体温の異常をお感じの方の相談をうけたまわります。

西洋医学で「冷え症(冷え性)」の相談にのってくれる診療科が、ありません。漢方医学で「冷え症(冷え性)」は、「病(やまい)」として考え、診断、治療を行います。長年、「冷え症(冷え性)」でお悩みの方は、一度、ご相談ください。


「 減感作療法 」 をおこなっています。

スギ花粉、ハウスダストのアレルギーをお持ちの方は、ご相談ください。

この季節は、まず、花粉症の治療を行います。当クリニックでは、点鼻薬、点眼薬、内服薬(漢方薬、抗アレルギー剤など)を処方させていただきます。

スギ花粉の減感作療法は、スギ花粉が飛散していない時期から、始めます。

ハウスダストの減感作療法は、1年を通していつからでも、始められます。


*当クリニックは、患者さんの待ち時間を短縮し適切な医療を提供するために、

 予 約 制  をとらせていただいております。ご理解の程、宜しくお願いします。

いまづクリニック院内の様子1
いまづクリニック院内の様子2
いまづクリニック院内の様子3
いまづクリニック院内の様子4
いまづクリニック院内の様子5
いまづクリニック院内の様子6

お知らせ

2019.11.16
第9回 所沢市薬剤師会学術講演会

2019(令和元)年11月19日(火)19:45〜21:15

所沢市保健センター2階「多目的ホール」

特別講演「がんと栄養」20:00〜21:15

座長 所沢市薬剤師会理事 加藤 剛 先生

講師 芝大門いまづクリニック 今津嘉宏 先生

2019.11.16
休診のお知らせ

2019(令和元)年11月18日(月)休診させていただきます。

____6004写真:院長今津医師

お知らせの一覧はこちら

診療内容・外来

当クリニックは、患者さんの待ち時間を短縮し適切な医療を提供するために、予約制をとらせていただいております。ご理解の程、宜しくお願いします。受診を希望される患者さんは、必ず ☎ 03-6432-4976 でご予約をお願いします。

緊急の場合は、電話でご相談ください。

*当クリニックは、患者さんの待ち時間を短縮し適切な医療を提供するために、

 予 約 制  をとらせていただいております。ご理解の程、宜しくお願いします。

胃カメラは、予約にて検査させていただきます。(検査時間は、処置時間を含め 約20分 です。検査自体は約5分です。)

胃カメラは、ご希望で睡眠薬(鎮静剤)を注射して検査を行います。ほぼ眠った状態で検査は終わりますので、お申し出ください。

詳細はこちら

診療カレンダー

今月

 

来月

 

コラムCOLUMN

全てのコラムはこちら