漢方産婦人科

『漢方 保険診療』漢方薬は保険適応です。

  • 日本東洋医学会 指導医、専門医

 世の中の半分は女性です。女性特有の病気や症状があります。10代、20代、30代と年齢とともに、女性ホルモンの変化で体の調子が変わってきます。40代、50代、60代と、年齢を重ねることで心も体も大きく変わります。そして、70代、80代と人として、女性として、体調管理が必要となります。そんな女性のために漢方医学が役立ちます。

 人は、生まれつきの体質や育った環境によって、ひとりひとりカラダとココロは、みんなちがいます。親子といえども、症状が同じでも、治し方は異なります。

 冷え、ほてり、のぼせ、むくみ、だるさ、疲れ、イライラ、ユウウツ、不安、不眠、めまい、頭痛、耳鳴り、生理痛、生理不順、過多月経、不正出血、腹痛、腰痛、関節痛、肩こり、首こり、下痢、便秘、痔、ニキビ、肌荒れなどの症状で、悩んでいる方は、ご相談ください。

漢方医学で「妊娠」を!

不妊症で、お悩みの方は、ご相談ください。

「現在、不妊治療を受けているが思うようにいかない」「自費の高額な漢方治療を受けている」など、多くの方がお見えになっています。

まず妊娠を考えるとき、日頃の疲れた身体の調子を整えることが大切です。肉体的にも、精神的にも、偏りがちな今、様々な角度から自分自身を見つめ直す必要があります。漢方医学では、部分的な治療ではなく、全体のバランスを中心に治療を行っていきます。漢方薬(エキス剤、煎じ薬など)の治療は、すべて保険適応ですので、高額な費用は必要ありません

当クリニックでは、ご夫婦でお見えになる方も多く、妊娠を希望される方や不妊症治療で悩んでいる方は、ご相談ください。

「冷え症」を治そう!

人間の身体は各臓器が、酸素や水、栄養素を使って化学反応の力で動いています。しかし、体温が低くなるとこの反応が弱くなり、体力も気力も弱まり、免疫力が低化してしまいます。逆に熱が上がりすぎると酵素がダメージを受けて反応が悪くなります。高熱や熱中症で意識障害が出るのはそのためです。

女性はホルモンバランスが変化します。2週間ほどのうちに体温が大きく変動するため、気温の変化などに影響を受けやすく、冷えを感じやすいのです。1957年の調査で36.89℃だった日本人の平均体温は、現代で36.2℃前後、35℃台前半の人も珍しくありません。

漢方医学では、体温を上げて、健康な身体作りを応援しています。「冷え症」で悩んでいる方、ぜひ、ご相談ください。

「漢方産婦人科」は、産婦人科ではありません。

 わたしは、不妊症、月経不順、更年期障害など産婦人科分野の「漢方医学」を 村田高明 先生(元 慶應義塾大学病院漢方クリニック)に 7 年間師事し多くを学ばせていただきました。また、麻布ミューズクリニックでは院長として1年9ヶ月、約1万人の患者さんの診療を担当させていただきました。

 「漢方産婦人科」は、産婦人科ではありませんので、内診などはおこないません。女性のカラダとココロを総合的に診せていただき、その人にあった治療を行います。大学病院や総合病院などでは、医療の専門化、細分化が進み、これまで診断と治療ができなかった病気へも的確な診断と治療が行われるようになりました。しかし、現在の医学では解決できない問題も残されています。

 カラダの不調をあちらこちらの診療科で診てもらっても、結局「異常なし」と診断された方、いろいろな病院をかけもちで通院されている方、などご相談ください。
 「つらい症状があるが、気のせいではないか?」「検査結果には異常がないので、自律神経失調症だろう」「更年期障害だから、しかたがない」など、実際につらい症状があれば、西洋医学と漢方医学の両面から、もう一度、しっかりと診察をさせていただき、解決方法をいっしょに見つけていきます。