消化器内科

  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医、専門医
  • 日本大腸肛門学会 会員
  • 日本平滑筋学会 会員
食べ物の消化・吸収に関係する問題について、ご相談ください。 口の中、ノド、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝臓、膵臓、胆嚢、脾臓など、旧慶應がんセンターで取得した技術と済生会中央病院での経験から、苦痛の少ない短時間での検査を行います。消化器疾患に関することを日本消化器病学会 専門医・日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医として、患者さんと一緒にひとつひとつ解決していきます。

胃カメラを専門的に行っております。

当クリニックには、胃カメラ(上部消化管内視鏡)を設置し、人間ドックから「がん」の精密検査まで、丁寧で苦痛の少ない検査を行います。

※胃カメラは、「経口内視鏡」です。早期がんを発見することを目的に検査を行っておりますので、情報量の多さ、画像解像度の精密さから「経口内視鏡」を採用しております。検査に伴う苦痛については、これまで25年余りの経験から検査前処置の工夫とひとりひとりにあった麻酔方法により苦痛の少ない検査を行っております。
※「経鼻内視鏡」をご希望の方は他施設をご紹介させていただきます。

写真:LASEREO写真:LASEREO

わたしは、これまでの25年、年間500例以上の胃カメラを行ってきました。慶應義塾大学医学部がんセンター・済生会中央病院で研鑽を積んできました。
当クリニックでは、富士フィルム社製のLASEREOを採用しております。最新式システムを搭載した最上位機種のLASEREOは、口の中から、食道、胃、十二指腸まで、ほんのわずかな病変も、見つけ出せます。

腹部超音波検査を積極的に行い、外から診てもわからない病気をいち早く見つけます。

*レントゲン検査、CT検査などは、放射線被曝の問題があります。からだへの負担がほとんどない超音波検査は、手で触れるようにやさしく苦痛のない検査です。

「 胃カメラ 」を希望される方へ

検査を希望される方は、事前に予約( 03-6432-4976 )をお願いします。
検査は、事前の処置、検査などを含めて、約20分(胃カメラを入れている時間は5〜10分)です。
検査を受けられる方は、6時間前から禁食となります。ただし、水分(乳製品や果実入り飲料以外)は、問題ありません。検査前に食事は、「食物繊維」を含んだものをお控えください。

*食物繊維:鍋でコトコト煮込んでも、形に変わらないもの。例えば、山菜類(キノコなど)、海藻類(ワカメ、ひじきなど)、根菜類(ゴボウなど)。

検査は、午前7時30分〜午前8時30分 または 午後2時〜午後3時 にお受けしております。

 

「超音波検査」を希望される方へ

検査を希望される方は、事前に予約( 03-6432-4976 )をお願いします。
検査は、10分程度で終わります。検査後、結果を説明させて頂きます。

レントゲン撮影も行っています。

写真:レントゲン撮影機材

原因がわからない病気を見つけ出すために、レントゲン検査を行います。緊急手術が必要となる消化管穿孔(胃潰瘍や十二指腸潰瘍による上部消化管穿孔、大腸憩室炎による下部消化管穿孔など)、絞扼性イレウス(癒着性腸閉塞や先天性疾患など)、消化器癌(食道癌、胃がん、大腸癌など)による閉塞性イレウスなど、レントゲン検査でしか診断できない病気があります。

CT検査、MRI検査、PET検査など、高度先進医療が必要な場合は、積極的に専門医療機関をご紹介いたします。

骨密度測定を行っています

女性に多い「骨粗しょう症」、診断するためには、骨密度を測定することが必要です。当クリニックでは、指の骨を使って骨密度を測定しいます。検査時間は、約5分です。

検査を希望される方は、お申し出ください。