お知らせ
コラム

コラム

100歳まで元気に生きる!おとなの病気予防

P.100~101「免疫力の高め方」が記事になりました。

日経ホームマガジン

100歳まで元気に生きる!おとなの病気予防

内容紹介

リスクを減らすための正しい知識を!がん予防の基礎講座
 [がん予防の基礎1] がんとウイルス・菌
 [がん予防の基礎2] がんと出産・ストレス
 [がん予防の基礎3] がんと遺伝
 [がん予防の基礎4] がんと検診

◆今から知っておきたい
 身近な人が「がん」と診断されたらするべきこと

◆健康長寿の鍵は血管力にあり!
 人は血管から老化する!?

◆50代の脳には既に原因物質がたまっている!?
 今すぐ始める認知症予防

◆お医者さん、300人に聞きました!
 健康寿命のために知っておくべき○と×

◆風邪、インフルエンザから花粉症、食物アレルギーまで最新情報をアップデート!
 免疫力アップ!アレルギー改善の新法則

フジテレビ「その原因、Xにあり!」

2017年9月29日(金)フジテレビ「その原因、Xにあり!」

緊急SOS!この秋起こるかもしれない危機ワースト20 あなたの命を救う方法SP

第9位 隠れ遭難

昨今の登山ブームと共に増えているのが、遭難。警視庁の調べによると、ここ10年間で遭難者の数は、なんと1.6倍以上に増加。しかもこのデータの遭難者数は、救助要請があったものなど、警察が把握している案件のみの人数。

山岳ガイドの橋谷晃(はしや・あきら)さんによると、実際には、救助要請は至らないものの、道に迷い、最終的には無事に出てきたような“隠れ遭難”といった件数が多くあるという。数字には反映されない隠れ遭難で命を落とさないために、状況に応じて適切な判断が必要。

★隠れ遭難からあなたの命を救う方法
遭難してしまった場合の生死を分ける選択問題を出題。

秋晴れのある日。夫婦でハイキングにやってきた鈴木さん。山頂でお弁当を食べ、景色を楽しみながら下山をしていると、どうやら道に迷ってしまったらしい。とりあえず、来た道を戻ろうとした瞬間、妻が足をひねってしまった。

【問題】くじいてしまった足を応急処置で、とるべき行動は?
A.足を温める
B.足を冷やす

【正解】B.足を冷やす

なぜ、冷やした方が良いのか?

芝大門いまづクリニック今津嘉宏院長によると、足をひねると、筋や靭帯が切れて内出血を起こし、腫れや痛みなどの症状が出てくる。そこで、患部を冷やすことによって、炎症が広がるのを抑え、腫れや痛みを軽減することが出来る。一方、患部を温めると、血流を促進してしまい、腫れや痛みを悪化させる危険があるという。

サンデー毎日 2017.9.12発売

2017年9月24日号 サンデー毎日 第96巻第45号 通巻5421号(9月12日発売)毎日新聞出版 P.154~157

秋バテ、秋風邪、秋うつには この「食べもの」が効く

に取材記事が掲載されました。

 

林修の今でしょ!講座

2017(平成29)年9月12日(火)午後7時から

テレビ朝日「林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル」

秋野菜検定に、「レンコン」でビデオ出演予定です。

かんたん!甘酒ダイエット

308868

株式会社洋泉社から「かんたん!甘酒ダイエット」が発刊されました。

日本で古くから親しまれてきた甘酒には身体にうれしい栄養素がいっぱい!

甘いものがやめられない、便秘がち、肌の調子が悪い、疲れやすい……

こんな方にオススメの甘酒を使った おいしい・かんたん・ヘルシーな
食生活のコツを紹介。たのしみながらぐんぐんキレイになりましょう。

文藝春秋9月号「西洋医学が認めた漢方薬全リスト」

bungeishunju1709

2017年8月10日発行 文藝春秋9月号「西洋医学が認めた漢方薬全リスト」に登場します。

 

ESSE 2017 9月号

476_09

2017年8月7日発行 第36巻第16号 株式会社フジテレビジョン発行 P.64~65

「夏の感染症対策」

手足口病、ヘルパンギーナ、流行性角結膜炎、プール熱

感染症対策① 食物繊維たっぷりの野菜

感染症対策② 発酵食品

「今津先生考案の感染症対策うがい法」

サンデー毎日「夏の小児感染症が大流行 今すぐできる免疫強化法」

sunday_16_6_12高畑充希

2017年8月6日増大号(7月25日発売)毎日新聞出版 第96巻第37号 P.138~139

大人も発症 重症化することも「夏の小児感染症が大流行」今すぐできる免疫強化法

たかが子どもの夏風邪と侮るなかれ。大人も罹患し、重症化することもある。予防のために今日からできる秘策を紹介する。

簡単免疫強化法

服装:外出時はカバンの中にネクタイやスカーフを。冷えたとおもったら活用する

運動:速めのウオーキングなど軽めの運動を毎日30分(涼しい時間帯を選び、水分補給も忘れずに!)

睡眠:ベッドルームの音と光をシャットアウト。休みの日も毎朝同じ時間に起床

食事:理想の栄養バランスに優れた食事。しっかり噛んで食べる。食欲がないときは栄養豊富な卵料理や乳製品を!。ヨーグルトや発酵食品を毎日食べる

女性セブン「夏バテしない 生活習慣はコレ!」

2092208117

女性セブン8月10日号(7月27日発行) 小学館 第55巻第29号 P.118~119

冷えは大敵! 食事・睡眠・自律神経を整える、免疫を上げる「夏バテしない 生活習慣はコレ!」

食前酒か温かいスープで食欲アップ

衣服はプラス1枚を持ち歩く

水分補給は氷水より温かいお茶で

夕食と夜のスマホは控えめに

38℃のぬるめ入浴でクールダウン

その他

 

tocotoco vol.39 2017 AUTUMN

t_20170714161941n5wx6ce9qpmu64n9

夏の感染症を予防してお出かけを楽しもう!
tocotoco vol.39 2017 AUTUMN P.50~51

特集 親子で行きたい旅・お出かけ 7月15日発売

予防の秘訣は、衣・食・住の小さな心がけ

手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱、とびひ についてお話しさせていただきました。