お知らせ
コラム

コラム

冬になると便秘になる

 水曜日に予想されていた東京の大雪は、雨に変わり一安心でした。わたしも予定していた講演会が中止になってしまわないかと、ドキドキして午前中を過ごしていました。みなさんはいかがだったでしょうか?

 例年になく寒さが厳しい今年の冬です。50歳になったCさんが、「昨年の夏は猛暑でしたけれど、体調も良く、夏ばてもしなかったのに、12月からの急な冷え込みで、お腹の調子が悪く、便秘がちになってしまいました」と1月末の外来へお見えになりました。

 早速、わたしは診察を始めました。漢方医学では病気の具合を診るために必ず診察をさせて頂きます。舌の様子を見たり、脈を調べたりした後、Cさんのお腹にそっと手のひらを当ててみると、ほかの部分に比べ、へそ周囲がひんやりと冷たく感じました。

そこで「便秘は、お腹が冷えているためでしょうね」とお話しして、お腹の中を温める「大建中湯(だいけんちゅうとう)」を処方させて頂きました。

 それから2週間後、「毎年、寒くなると腸がにぶくなってしまうんだけれど、調子よく過ごせました」とCさんに嬉しそうにおっしゃっていただきました。

便秘に下剤は逆効果

 冬になると体が冷え、便通が悪くなることを漢方医学では、「寒」による便通異常と考え、下剤を処方することなくお腹を温める薬を使います。もし下剤を処方しますと、かえって腹痛に悩ませられたり、体調が悪くなる場合があります。

 寒さでお腹の調子が悪くなるのは、術後に起こる便通異常や過敏性腸症候群の症状によく似ています。とくに消化器がん(胃がん、大腸がん、直腸がんなど)の術後では、神経障害による消化管の蠕動運動障害が起こり、便秘と下痢を繰り返すことがあります。

 一般には整腸剤(乳酸菌製剤など)、下剤、下痢止めなどが治療に用いられます。ただ、症状が寒さによって変化しますので、なかなか、治療が難しいわけです。そんなときには漢方薬が役立ちます。

 今回使用した漢方薬「大建中湯」は、最近の研究で、腸にある温度センサーなどの異常に効果があることがわかっています。「気温の変化による病気」に西洋薬にはない働きをする漢方薬を活用しましょう。

大建中湯(だいけんちゅうとう)

効能又は効果
腹が冷えて痛み、腹部膨満感のあるもの。

 

活用自在の処方解説(秋葉哲生著、ライフ・サイエンス)より

「冷え」で目覚める冬の真夜中

Bさんは、70代後半の男性で10年以上前に胃がんのため、胃をすべて切除する手術を受けられました。5年前から糖尿病をわずらい、現在はインスリン療法を行っているBさんは体調を崩すことが多いのですが、主治医に相談しても「手術したのだから・・・」といって取り合ってもらえず、あきらめていたそうです。

 しかし、「先生は外科医で漢方薬も処方すると聞いた。西洋医学ではわからない問題でも話を聞いてもらえるんじゃないか?」と、私のところへ来院されました。

 関西弁のBさんは、長年の体の不調についての鬱憤を、初対面の私に延々と訴えました。若い頃はスポーツマンで人一倍、元気だったのに、胃全摘術を契機に体力が衰え始め、糖尿病もこれに拍車をかけたこと。いくら食べても太ることができないこと。食べた後に起こる腹痛、下痢、嘔吐などのダンピング症候群(胃切除後の後遺症)。年々衰えていく体……

 そんな話の中でも、特につらいのが「手足の冷え」でした。

 「夜中に何度もトイレに起きるんで、昼間、ついウトウトしてしまうんや」冬になると手足が氷のように冷たくなり、布団の中へ湯たんぽを入れていても夜中に冷え、一晩に何度も中途覚醒するとのこと。

 加齢とともに体の中に蓄えていたエネルギーが徐々に不足していくため、手足を温める力が弱くなってしまい、漢方医学でいう「寒」の状態になっていたのでしょう。そこで、昔から年齢を重ねたときの体調管理に使われる漢方薬をお出しすることにしました。その薬は、「八味地黄丸(はちみじおうがん)」です。この薬は、誰でも年を取ると経験する目の衰え、膝や腰の痛み、排尿に関連する悩みなどに用いることが多いものです。

 2週間後、外来へお見えになったBさん、「先生に頂いた薬を飲んだ翌日から、夜中に目が覚めなくなり、昼間も手足がポカポカして気持ちが良いんですわ」と診察室に楽しい声を響かせてくれました。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

効能又は効果
 疲労、倦怠感著しく、尿利減少または頻数、口渇し、手足に交互的に冷感と熱感のあるものの次の諸症:腎炎、糖尿病、陰萎、坐骨神経痛、腰痛、脚気、膀胱カタル、前立腺肥大、高血圧

 

活用自在の処方解説(秋葉哲生著、ライフ・サイエンス)より

スマホの画面タッチもつらい! しもやけの悩み

 スマホを持つ指が紅く腫れていませんか? 日本全国を北風小僧が襲っています。みなさん、「しもやけ」対策していますか。手足の指先、耳、鼻などが紅くなり、痒みを伴うタイプ、 指先が腫れて痛みを伴うタイプなどがあります。

 この冬、わたしの外来にAさんが来院されたのは、昨年12月初旬でした。Aさんは30代の女性で、紅くなった指をこすりながら診察室へ入ってこられました。「先生、この指先の冷え、何とかなりませんか? これまでに、ほかの病院でビタミンEの内服やいくつかの軟膏を試したのですが、毎年悪くなってしまいます。今年は例年よりも早くになったものですから、不安で不安で・・・」とかなりお困りのご様子でした。Aさんは小さい頃からこの時期になると必ず手足の指先が紅くなってしまうそうです。

昭和のしもやけ少年少女

 寒い時期になると、わたしが小学生だった昭和の時代は、いまのような防水透湿性素材(ゴアテックなど)や吸湿発熱繊維(ヒートテックなど)はありませんでした。みんな手に温かい息を吹きかけ「さむ〜い」と言いながら、母親が編んでくれたカラフルな毛糸の手袋などをして登校していました。教室にあるストーブの周りに同級生が集まり、暖を取っていると指先が紅くなっている友達がいました。わたしの妹は、いつも手足の指先が腫れていたことを記憶しています。「しもやけ」になっていたのですね。

 気温が5度を下回る頃になると、手足の先がジンジンと痛くなり、そのうち紅くなり痒みを伴うようになります。なかには腫れ上がり皮膚が割れてしまう場合もあります。「しもやけ」は「凍瘡(とうそう)」ともいいます。雪山登山など氷点下の環境でおこる「凍傷(とうしょう)」は、「しもやけ」よりもひどく、皮膚や組織が凍結することで障害を受け、組織が壊死に陥ります。「凍傷」は、場合によって指などを失うこともあります。

 「しもやけ」には、昔から「おばあちゃんの知恵」として靴の中に唐辛子を入れて予防します。唐辛子にはカプサイシンが含まれ、皮膚温を上昇させる作用がありますから効果的です。

 最近では足の裏に貼れるカイロ(ホカロンなど)を活用されている方もいらっしゃいます。ゴアテック、ヒートテックもそうですが、平成の子どもたちはちょっとうらやましいですね。

温かい飲み物や生姜、ネギ、そして薬

 そうは言っても、平成でも、大人でも、しもやけに悩む方は少なくありません。

 漢方医学では「しもやけ」の予防と治療には、「寒」を温めるようにします。わたしは、Aさんに意識して温かい飲み物を取るようにして頂き、生姜、ネギなどを食材に取り入れてもらい体の中から温めるようにしました。そして、四肢末端の冷えをとる漢方薬「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」を併せて内服してもらうことにしました。

 今週、1か月ぶりにAさんが来院されました。診察室へ入って来たAさんは、「先生に薬をもらって2週間でしもやけが治り、先日の大雪でも(しもやけが)できませんでした! 小さい頃からの悩みがなくなりました」と、きれいな指をみせながら、満面の笑みを浮かべてくださいました。わたしがいつも「医者冥利に尽きる」と感じる瞬間です。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯
(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

効能又は効果
手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいものの次の諸症:しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛

 

活用自在の処方解説(秋葉哲生著、ライフ・サイエンス)より

 

薬をいつ飲めば良いんですか?

「漢方薬は、食前、食間に内服するように指示されていますが、食前とは、食事の何分前ですか?」「夕食の時間が不規則で、夕食前の漢方薬を飲むタイミングが難しいのですが・・・」という質問を受けます。中には、「食前と書いてあったので、忙しくて食事が出来なかった日は漢方薬を飲みませんでした」という患者さんもいらっしゃいます。

 さて、一体漢方薬はどんなタイミングで服用すれば良いのでしょうか? 「○○湯」「○○丸」「○○散」という漢方薬の名前にもヒントがあります。

 薬草(生薬)を土鍋でコトコトと煮出して抽出していた「○○湯」。昔の人は食欲がない場合などにお茶代わりに、数時間かけて何度かに分けて服用したのでしょう。食欲が徐々に出てきたらスープ代わりに食事と一緒に服用していたかもしれません。

 薬草(生薬)を粉にしてできる「○○散」や蜂蜜を煮詰めて薬草(生薬)を固め、長期間の貯蔵や携帯しやすいように工夫された「○○丸」などは、外出先や旅行先などにも持って行ったのでしょうね。そうなると、食事に関係なく服用していたかもしれません。

 服用のタイミングについて、数千年前からある漢方医学の本にも明確な回答は書かれていませんでした。しかし、最近の研究で漢方薬がどうやって体に吸収され、薬理効果が発揮されるかがわかってきました。

 研究によると、漢方薬は、消化管の中で食物と一緒になると有効成分が食物に含まれる食物線維に吸着されてしまい、その作用が減弱する可能性があるようです。江戸時代の学者貝原益軒の「養生訓」にも、「薬を飲んだ日は、食事を控えるように」と記載されています。つまり、漢方薬と食事の相性はあまり良くないと昔の人も考えていたのでしょう。

 最新の科学によって漢方医学が解明されていくことで、未知であった漢方医学の謎がひとつひとつ理論的にわかるようになってきました。日本の伝統医学である漢方医学が最新医学の仲間入りをすることで、がん医療で悩むすべての人たちに安心して安全に活用できる時代がやってきたといえそうです。

漢方薬をうまく飲むには?

工夫1 オブラートをうまく使いましょう

 漢方薬を処方すると、「良薬は口に苦し」と言っていただける方なら良いのですが、「なんでこんなにまずいの?」と、白旗を揚げてしまう方もいらっしゃいます。がん患者さんでは、腫瘍によるえん下障害や抗がん剤の副作用で味覚異常が起こったり、放射線治療で唾液が出なくなり漢方薬がのどに詰まりやすくなったりします。ただでさえ病気でつらいときに、漢方薬を飲むこと自体が苦痛を伴うようではいけません。

 そんなときには、オブラートの出番です。


(1)

 

オブラートで、漢方薬を包みます。このとき大切なのはしっかりと漢方薬を包むことです。場合によっては数枚使っても大丈夫です。最近では、袋状になっている便利なオブラートもあるそうです。

(2)

 

水を準備します。オブラートで包んだ薬が浮かぶ程度の量です。

(3)

 

準備した水の上にソーッとオブラートの包んだ薬を浮かべます。

(4)

 

徐々にオブラートがゼリー状に溶けてきます。周囲がゼリー状になったらオブラートに包まれた薬と水を一緒に飲み込みます。ノドをツルンと通っていきますよ。


 これならば口の中でにがい味が広がることもありませんし、大量の水分を飲む必要もなくなります。試してみては、いかがでしょう?

工夫2 漢方薬を美味しく頂きましょう

 漢方薬の味がどうしても駄目な方に、「漢方薬を美味しくいただく」方法をお教えしましょう。昔から漢方薬の作用は、アロマテラピーなどと同じようにニオイにも味にも効果があると言われています。漢方薬を「ニオイと味も一緒に楽しみながらお飲みください」と指導を受け、お湯に溶かして飲んでいる方も沢山いらっしゃることと思います。しかし、その風味が苦手な方もいるでしょう。そんなときは、抹茶、コーヒー、ココアで味付けしてみてはいかがでしょうか?


(1)

 

コップに大さじ1杯のお湯を準備します。お湯の温度は、できるだけ高温が良いようです。

(2)

 

お湯の中に漢方薬を入れ、かき混ぜます。数分で溶けてくれます。

(3)

 

ここへお好みで抹茶粉末、インスタントコーヒー、ココアの粉を大さじ1杯加え、充分に溶かします。

(4)

 

適度な温度になったら、内服します。


 この方法は、小さな子供にも好評で、がん患者さんにも毎日違った味を楽しむことが出来ると喜ばれています。

日本の伝統を守り続ける漢方医学

 おせち料理に初詣。門松にお屠蘇(とそ)。お年玉にカルタ遊び。正月になるといろいろな日本の伝統を楽しむことが出来ます。各地方、各家庭で食されるお雑煮も、伝統の一つですね。みなさんは2013年の正月をどこで誰と過ごしておいででしょうか? 正月になると日本の伝統を守っていくことの大切さを身近に感じます。

 日本独自の伝統医学である漢方医学も、言うなれば、日本の伝統のひとつでしょう。その漢方医学も科学の進歩によって未知の部分が解明されるようになってきました。1887年に長井長義博士が、麻黄(まおう)という生薬(薬草)からエフェドリンを発見し気管支喘息の治療薬として多くの患者さんを救うことができたように、これまで西洋医学では治すことが出来なかった病気の治療に漢方医学は役立てられてきました。最近では、日本で腸閉塞症の治療薬として使われている大建中湯(だいけんちゅうとう)が、2011年、アメリカの食品医薬局(FDA)で漢方薬の臨床研究が開始されました。

 これまでは経験豊富な漢方専門医にしか使いこなすことが出来なかった漢方薬が、今後ますます、どの医師でも現代医学的に基礎薬理学を根拠にがん患者さん達のために活用されるようになっていくと考えられています。

 伝統文化を守っていくことは、日本の魂を忘れないようにすることです。しかし、古いままのものを受け継いでいくことが伝統を守ることではありません。それは、歌舞伎が常に新しいものを取り入れてファンの心を魅了するのと同じように、伝統によって守られる漢方医学も、その時代に合わせ、新しい科学を取り入れ進歩していくことが大切だからです。これからの漢方医学は、最先端医療と協調し、常に患者さんの身になって使われていく医学として成長していくものと考えます。

誰に漢方薬を処方してもらえばよいのですか?

 がん患者さんから、「主治医に漢方薬の相談をしたら、『自分は漢方医学を勉強したことがないので、処方できない』と言われ、断られた。」という話を聞きました。その方は、がん拠点病院で卵巣がんの手術を受けられた後、がん化学療法を始められたのですが、副作用のために体調を崩されたのだそうです。ご自分でいろいろと調べられたところ、漢方薬に副作用軽減効果があるということを見つけ、相談されたんだそうです。

 日本の伝統医学である漢方医学について、医師国家資格を持っているにも関わらず、医師が「勉強したことがない。」というのは、本当なのでしょうか?

 実は、事実なのです。一昔前の医学教育プログラムには、伝統医学を学ぶ機会がなかったんです。約150年前、日本は新しく生まれ変わりました。それまでの伝統的な政治体制からの脱却を目指した明治政府は近代国家として様々な制度改革を進めました。医療制度も整い、1961年には国民皆保険制度が実現し、日本国民ならば誰でも平等に医療が受けられるようになりました。

 制度改革と同じように医学教育も変わりました。明治政府はドイツ医学をお手本とし、第二次世界大戦後はアメリカ医学を導入してきました。江戸時代までの漢方医学は、すっかり忘れ去られた存在となってしまい、漢方医学を取り巻く環境も決して恵まれたものではありませんでした。

 しかし、明治維新以来、先人達の多くの努力により、日本伝統医学は守られ受け継がれてきました。その努力が実を結び、1967年、保険で漢方薬が処方されるようになり、2004年、日本全国にある医学部80施設すべてで漢方医学の教育が行われるようになりました。

 そして、今年、がん医療においても漢方医学の新しい風が吹きました。第3次対がん総合戦略研究事業の一環として、日本全国のがん拠点病院の医師を対象とした「漢方キャラバンセミナー」が札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5大都市で開催されました。

 このセミナーの目的は、がん医療にたずさわる医師に漢方医学を学んでもらうことで、安全に安心してがん患者さんへ漢方薬を活用してもらうことでした。

 7月から始まったセミナーには、約300人の医師が参加されました。ぼくも講師としてすべてのセミナーに参加させていただきましたが、参加された医師の皆さんからは、がん医療で苦しんでいる人を少しでも救うことが出来ればという強い思いがヒシヒシと伝わってきました。

 がん拠点病院の医師から漢方薬が処方されるようになる日も遠くないかもしれません。そして、漢方の輪がもっと多くの医療機関に広がっていくことを、心から願っています。

漢方薬にも副作用があります

 外来で患者さんへ「漢方薬にも副作用があります」と説明すると、必ず「えっ?」と聞き返されます。「どんな薬にも副作用はあるんです。たとえば風邪薬だって数%はあります。すべての薬には危険がつきものなので、医師が診察の上、処方するんです。漢方薬だけが特別なわけではありません」とお話ししています。

 では、どのぐらいの割合で副作用は起こるのでしょう?

 例えば、よく用いられる風邪薬の副作用は、調査対象976例中、89例(9.1%)と報告されています。ビタミン剤は副作用調査が行われていないものが多くあります。同じように漢方薬の副作用についても、副作用調査がされてきませんでした。

 しかし、今回、ある漢方薬の副作用発現頻度調査が2年間の年月をかけて行われ、その結果が報告されました。調査対象は3,284例。そのうち 64例(1.9%)に臨床検査値の異常を含む副作用が報告されました。

 これ以外にも、がん医療において漢方薬を使用するときに、注意すべきことがあります。それは漢方薬の中に含まれている生薬(薬草)による作用です。

 漢方薬に使われている生薬(薬草)を原材料として、西洋薬(新薬)の下剤や抗炎症剤が作られ、中には注射薬として使われているものもあります。もし、下剤の原材料となっている生薬(薬草)を大量に飲んでしまった場合は、当然、下痢になります。からだに優しいイメージのある漢方薬ですが、用法・用量をきちんと守ることが重要です。

 がん患者さんが漢方薬を希望する場合、医師の診察と処方を受けることをお薦めします。漢方薬にも副作用があり、使い方を誤ると予想外の結果を招きかねないからです。安全に安心して治療を受けるために、ぜひ心がけていただきたいと思います。

 さらに漢方薬は医療用医薬品ですので、きちんと病院で処方してもらえば保険医療により経済的にも負担が少なくなります。「安心」と「軽い負担」を得られるので、一挙両得です。


代表的な生薬(薬草)の作用と、取りすぎた場合の症状
生薬 作用 取りすぎた場合の症状
大黄(だいおう) 瀉下作用など 下痢など
芒硝(ぼうしょう) 瀉下作用など 下痢など
甘草(かんぞう) 抗炎症作用など 低カリウム血症、浮腫、高血圧など
麻黄(まおう) 交感神経緊張亢進作用など 動悸、血圧上昇、排尿障害など

守りを固めるためには、漢方医学

 1960年代、日本人の平均寿命は約70歳でした。これが、2011年には、日本人男性79.4歳、女性85.9歳と、この50年間で世界有数の長寿国となりました。これは単に医学が進歩しただけではなく、上下水道の整備などの生活環境の向上も大きく寄与していると言われています。

 しかし、平均寿命が伸びるのと同じように「がん」になる人も増え、日本人の2人に1人が「がん」になる時代となりました。現在では、男性の26%、女性の16%が「がん」で死亡するとされています。

 これまでがん医療では、外科治療、薬物治療、放射線治療による「攻め」の治療が主体となってきましたが、最近では「守り」の治療として緩和ケアや栄養療法などが導入され、さらに漢方医学も活用されるようになってきました。

 では、がん医療の現場で漢方医学はどこまで普及しているのでしょうか?

 2009年度厚生労働省がん研究助成金による「がんの代替医療の科学的検証に関する研究」班(研究代表者・山下素弘)で行われた「がん診療に携わる医師および薬剤師の漢方治療と代替医療に関する意識調査」によれば、がん患者に対して漢方薬を処方したことがある医師は73.4%に達しています。

 ここでがん医療に漢方薬を使っている医師達は、


(1) がん化学療法における副作用軽減

(2) 生活の質の向上

(3) 放射線治療の副作用軽減

(4) 免疫機能活性化


 ――といった目的で使っていることもわかっています。

 がん患者さんを守るためには、医師、歯科医師、薬剤師、看護師など様々な医療従事者がチームとなる必要があります。痛みに対して痛み止めを調節するだけではなく、精神的な苦痛を和らげるために本人のみならず家族のカウンセリングを行うことも必要です。同じように苦しんでいるがん患者さんのために漢方医学を活用するためには、単に漢方薬を処方するだけではなく、漢方医学による全人的なきめの細かい医療を行うことが必要です。

がん患者さんへの風邪対策法

 マスクをして歩く人が増えてきました。皆さん、もう予防接種はお済みですか? SARSや新型インフルエンザなど、新しい感染症が発見されるたびに新しい治療法が求められていきます。予防策としてワクチン接種を行ったり、最近ではインフルエンザウイルスに対する治療薬(タミフルやリレンザなど)が開発されてはいます。それでも、冬になると流行する風邪への対策は、未だに「うがいと手洗い」が原則です。

 風邪ウイルスに効く西洋薬がないため、何かよい方法がないか?とがん患者さんからよく質問を受けます。確かに免疫力が落ちているがん患者さん達には重要な問題です。

 わたしが大切にしていることは、風邪についての基本的知識をちゃんとがん患者さんに理解してもらうことです。そして、風邪に感染した後の対処を速やかにしていただくための注意事項を覚えてもらうことです。

 そこで今回は、わたしが外来で行っている風邪対策法をこっそりお教えしますね。

 風邪の季節になったら、人混みを避け、外出時はマスクを付けてもらうようにします。基本は「予防」だからです。もちろん、「手洗いとうがい」は励行します。もし風邪を引いてしまった場合、がん患者さんは症状の進行が早い場合がありますので、初期症状を見逃さないことが大切です。 


(1)

 「あなたの風邪は、どこから来ますか?」という質問を最初にします。どこかの宣伝文句のようですが、これは大切なポイントです。

(2)

 さらに、ご本人が気づく最初の症状を探します。例えば、「ノドから来ます。」と答えられた方には、「では、ノドが痛くなる前には、どんな感じですか?」と名探偵よろしく質問攻めにしていきます。

(3)

 体の変調の最初のサインが見つかったら、「その症状に気づいたらすぐに漢方薬を内服してください。」と初期症状のための漢方薬を選びます。


 あとは、内服方法の細かい指示を出しながら、「食事は、消化のよいものとよく言いますが、お粥や温かいうどんなど、体が温まるものを選んでください。できるならば水分を多めに取るとよいでしょう」「お風呂は体力がある方ならば大丈夫でしょうけれど、控えた方がよいでしょうね」「炊事、洗濯など家事もあるかと思いますが、冷たい水を避けて、指先も極力冷やさないようにしてください」「睡眠はいつもよりも多めにとってくださいね。体を癒やすことが大切ですよ」と説明します。

 いかがでしょうか? 風邪対策のポイントは、自分の体のサインを見落とさないようにすること。自分の健康を自分自身で守っていく心がけを身につけることです。

 あなたは、どんな風邪対策をされているでしょうか? 年齢や性別、地域によっても対応策は様々だと思います。ぜひ、ご意見をお聞かせくださいね。楽しみにしております。