お知らせ
お知らせ

芝大門 いまづ クリニックからのお知らせ

第16回横浜東部地区”薬物療法と薬理学”研究会

 済生会横浜東部病院3階 多目的ホールにて
司会 済生会横浜東部病院薬剤部菅野浩先生
「ブシ」についてお話しさせていただきました。

漢方スクエア「がんと漢方」

 このたび、インターネットサイト「漢方スクエア」に、「がんと漢方」という専門サイトが立ち上がりました。

横浜臨床研修セミナー

 横浜薬科大学 石毛敦教授とのジョイントで講演させていただきました。

台風27号のため、2013年10月26日(土)休診とさせていただきます。

2013(平成25)年10月26日(土)休診
台風27号による天候不良が予想されるため、診療を休診とさせていただきます。

第二回 薬剤師・看護師向け「漢方キャラバンセミナー 2013」 大阪

 約100名の方にご参加いただき、ありがとうございました。

第五回 全国医師向け「漢方キャラバンセミナー 2013」大阪

 大阪でたくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。

KAMPO FORUM in 会津 チーム医療と漢方 Part 3 がん治療と漢方

 司会 会津中央病院 院長 武市和之先生

獨協医科大学東洋医学研究会シリーズ勉強会 連続講義2

19:00~20:30 獨協医科大学 臨床医学棟10F 獨協メディカル倶楽部 
獨協大学でのシリーズ第2弾、婦人科領域における漢方医学をお話しさせていただきました。

TVシンポジウム「がんと生きる~寄り添う医療で暮らしを支える~」

 来週土曜日、E テレの番組の中で、紹介されます。
[Eテレ]
2013年10月19日(土) 午後2:00~午後3:00(60分)
日本人の2人に1人ががんと診断され、誰もががんと向き合わざるを得ない時代を迎えている。そうした中、がんの治療に加えて注目されるのが、患者が抱える痛みを治療していく「緩和ケア」である。がんそのものの痛みだけでなく、抗がん剤治療の副作用、不安や抑うつといった心の問題も痛みと捉え、告知の段階から治療していくことが大切だと考えられる。緩和ケアによって、本人らしい暮らしを取り戻す動きについて考える。

文藝春秋 11月号に掲載されました。

文藝春秋 11月号に当クリニックで使用しています電子カルテ「Qualis」の広告で、当クリニックが紹介されました。